プロフィール


プロフィールはじめまして。
【コンプレックスを自信に変える方法】を運営している
こころのアトリエ灯 代表 北薗明美です。

2009年より“アートが表現するあなたのこころ”として、
言葉以上にアートセラピーで表現される思いを中心にお伝えしておりました。

そして、私の理念でもある“日本にカウンセリングの習慣を定着させる”ことが
皆様に広く伝わり、行きつけの美容院のように、または、“駆け込み寺”のような 存在のサロンにしたいと思っております。

では、少し私の人生のストーリーをお伝えします。

少し長くなりましたが、等身大の北薗明美です。

では、スタート。


北薗明美 (Akemi Kittazono)_DSC9719
1967年8月7日に大阪で長女として生まれました。
子供の頃は、可愛がられるには、どうすればいいか、大人の目を意識した子供でした。

そして、月日が経ち恋愛をしても、自分の本当の気持ちは何なのかしら?
相手に気に入られるために、どうすればいいのかばかり考えていたような気がします。

そして、社会に出た頃は、世の中がバブル絶頂の時でした。
何の苦労もなく、華やかさだけに惹かれ資生堂の美容部員になりました。
場所は、大阪でも最も売り上げの高い某百貨店の店頭で華々しく社会人デビュー。

社会に出ても相変わらず、周りからの見られ方ばかりを気にする私だった。

そして、全てが相手任せのお付き合い。
何も考えずに、25歳で同棲生活に憧れ仕事を辞め上京しました。

その時の私の気持ちは、「ただ、彼と一緒にいたい」だけの思いだった。

いざ、上京しても全く何をして良いのか分からず
完全に彼に依存した日々を送っていた。PicsArt_1352635685153

幸せだと思っていた。

当時は。

月日が流れ、6年経ち相手の仕事が独立したのを期に入籍をした。
結婚を決めたのも、相手任せ。

結婚して2年経った頃、同棲時代にはあまりなかったケンカが絶えなくなった。
彼の様子がおかしい。
事情を聴くと、仕事のパートナーとトラブルをお越し路頭に迷っていた。
だが、私には言い出せなかったようだ。

彼は、相当悩んだと思う。
挙句の果てに彼は、うつ病になっていた。

そんな時だからこそ、私は傍にいたいと思った。
しかし、彼は一緒にいる私を必要としてなかった。

とてもショックだった。

ようやく気が付いた。
その時、自分の人生は全て人任せだということに気付いた。

今思うと、この時が一番辛かったと思う。

彼に頼らずに、一人で生きていこうと決心した。
そして、始めて自分と向き合ったのもこの時期だ。

私は、常に周りを気にしていた幼少期から、
大人になっても、自分が無く周りに流され依存心の塊だった。
どう演じたら相手に好かれるか、そして傷つきたくないという思いが強い人生。

1人になって自分が何がしたいのか。

当初は、寂しくて不安でどうしたら良いかわからず、毎晩泣いていた。
しかし、現実はどう生きていくかを考えると泣いている暇などないと思った。

2年間の別居後に、“離婚”という決断をした。
私の人生に一番大きく変化した時だと思う。

最初は、お金が無く極貧の生活だった。
だけど、不思議と今までにない充実感があった。
なぜならば、“生きていくための選択”をしたからだ。

以前の私なら、離婚すると、周りからどんな目で見られるかわからない。
と思いがちだけど、その時は『どう見られても良い』と思ったら
凄く気持ちが楽になった。

それよりも自分の人生を楽しく生きていこうと決めた。

彼とは出逢ってから離婚するまでの18年と言う永い月日。7835388531_normal

だからこそ、気付いたこと。
自分の人生を生きようと。

のちに心理学で学んだ時に“人生脚本”を知った。
私の人生は“依存人生”だった、
だけど、自分で人生はデザインすることが出来ることを知った。

人生は切り開くもの。

その時 私は、36歳だった。

『人はいつからでも変わることが出来る』と実感した頃。

それからの私は、我武者羅に働いた。
当時、ご縁があり不動産販売の仕事を始めた。

しかし、ここでも実は不動産に関心があるのではなく
不動産を購入する人の心理に興味があった。
人生最大のお買いものをする時の心理状態。

そして、担当したのは、都心の億ションだった。
多くの方は、幸せいっぱいだけど、『お金で幸せは買えない』と言う
別の世界があることを知った。

当時のお客様が言っていた。
『この家に住んでも私の気持ちは満たされない』と。
お金で買えない物。

それは『人のこころ』39901122721_normal
多くの人は、お金があると○○をしたいとか、空想にふけることも多い。
私もその一人です。
しかし、実際には、お金では手に入らない物は一体どうしたら良いのか。

その時に私は2度目の人生の決断。
不動産の仕事を辞めた。

もっと人の心理を知りたい。
そして、自分を理解したいと思った。

その時、私は42歳。


それからは、様々な心理系スクールに通った。
心理カウンセリング養成のスクール、
メンタルトレーニング、アートセラピスト養成など、
様々な心理療法を学んだ。

それ以来、企業研修、カルチャースクールでのアシスタントを経て、
独自のワークショップ、イベント、講座など様々な形で
『自分を知る』と言うことにフォーカスした内容で繰り広げてきました。

2010年1月にカウンセラーとして“こころのアトリエSHANTI灯”として
スタートしました。

活動スタートし4年の2016年12月末、
個人セッション・講座・グループワーク 延べ1000名を超え
の方々とお逢いすることができました。
主に20代後半から50代半ばの方が多く、平均年齢33・8歳の女性中心です。

1000名以上の方と接していて、私が感じたのは
『自分の良さを分かっていない』
いつも他人と比べてばかりいる自分。

私の以前の姿と非常に似たようなタイプの方が多い。

きっと神様が引き寄せて下さったのでしょうか。
それ以来、私は【自信を取り戻す】ためのサポートを始めた。

前に進みたいからこそ出てくる、迷い、不安からくる自信のなさ。
ご相談内容や講座内容ももっと個人の方と深く付き合っていきたい。
その為には、プライベートな空間が欲しいと感じたのでサロンにしました。

2013年9月より、麻布十番徒歩30秒の場所に
“こころのアトリエ灯 麻布サロン”をスタートしました。
自分を飾るのではなく、ありのままでシンプルにいこうと言う思い
から屋号もシンプルにしました。

灯ロゴ

私が30代の半ばで、大きく人生が変わったように
“人はいつからでも変わることが出来る”と思っている。

今は、自信を無くしているあなた。
あなたの中の宝石を見つけ出せてないだけです。

私と出逢った方、全ての方が自分らしく生きてほしいと願っています。

あなた自信が感じている【コンプレックスを自信に変える】まで、
寄り添いサポートしていきたいと思っております。

最後までお付き合いありがとうございます。

こころのアトリエ灯 代表 北薗明美


資格取得

●日本代替医療協会 心理カウンセラー

●文部科学省所管 一般財団法人生涯学習開発財団 アートセラピスト

●クエストアートセラピスト・メンタルケアアドバイザー

●オーロラアートセラピー・インストラクター絵画療法士

●日本メンタルトレーナー協会認定 メンタルトレーナー

●メンタルヘルスマネジメント 2種3種

●言の和セラピストマスター

 

 

カテゴリー: タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク