本気で生きる


本気で生きる生きるために捨てました。
生きがいアドバイザー 北薗明美です。

地元が同じということもあり、昔から気になっているバンドのボーカルつんく。
皆さんもご存じの方も多いかと思いますが、ボーカリストが声帯を失う。

どれほど辛い決断だったかと思うと言葉にならないですね。

今回の件で生きるということを改めて考えさせられました。

つんくさんのメッセージの中で本気で生きるから辛いことも乗り越えられる

本気で生きること。
私の古い友人も30代前半で声帯を失いました。
しかし、トレーニングで想いを相手に伝わるぐらいになっています。

彼も決断をした時に、同じことを言っていたことを思い出しました。

もし、私自信が何かを失う引き換えに生きることが出来るとするならば
はたして決断できるだろうか。

少し前に、アンジョリーナジョリーが、まだ発病していない卵巣を摘出したと
報道されていた。

その際も、自分の人生は自分で決め周りを悲しませたくない
あった。

五体満足であればあるほど、感謝の気持ちが薄らいでくるのかも知れない。
当たり前のようであって実は本当に奇跡なんだってことを。

そして、今回のつんくさんの件で感じたことはもうひとつある。
それは、どのような現状におかれても今何が自分に出来るのか

出来ることをこなしていく。
命があるから出来ることが必ずある。

そう考えると、今の私たちにはたくさんあるのではないかなって思った。
出来るんだもんね。

後回しにせずにやらないとね。

そして、命は自分のものであり家族や周りの人のためでもあるのかもね。

改めて命の尊さを考える時ですね。

image


ご意見・ご予約はこちらから

お得な情報は、メルマガ登録者から発信致します。
メルマガ登録募集中。

カテゴリー: 人生 タグ: , , , , , , , , パーマリンク