信用を失くすのは一瞬です。


信用を失くすのは一瞬です。今年の春のコートは水色にしました。
生きがいアドバイザー 北薗明美です。

ようやく春のコートが着れる季節になってきましたね。
今月は、ありがたいことに遠方からのお客様が多いです。
ありがたいですね。

ところで、皆様のお仕事は何で宣伝されてますか?
もちろん、お勤めされている方はご自身で宣伝されなくても充分知名度がある
企業だと関係ないと思いますが…

私のような仕事は、大半が口コミです。
ご本人が最初に来られて気に入って頂き、大切な方をご紹介と言うことがほとんどです。

なので、私もこのお店良いな〜と思えるお店はドンドン知り合いに紹介させて頂きます。
私が体験した感動を味わってほしいからです。

ただ、残念なことも時々あります。
身近なことでもしかして、皆さんも経験があるかと思いますので考えてみてください。

では、シェアいたします。
つい先日、飲食店での出来事。

友人が先に着いて食事をしているところに私が後から駆けつけました。
ラストオーダーの時間も近いので『何時頃に着く?何を食べる?』と
メールが友人から届いてました。

私がお店に着いたのはラストオーダーの少し前の時間でした。

なぜ、友人が『何時頃に着く?何を食べる?』のメールを送って来たのか
サーブしてくれる店員の態度ですぐにわかりました。

1品だけ注文して、食べてる側から片ずけ始めものすごく急かすのです。

こちらもラストオーダー近いので、遠慮しながら注文しました。

その間も片づけることに専念で、まるでサービスを提供するという姿勢はなかった。

そして、挙句の果てはお会計をお願いする頃にはテーブルには何もないほど
全てのものを片付け下げられてました。

今回のお店は、大衆食堂ではありません。
そこそこのお料理を出すお店ですので、お値段にはサービス料も入っていると思われます。

それと、何十回も伺ったことのある常連のお店なのでシェフとの会話も楽しんでいましたが
このサーブの店員だけは最後まで『食べたら帰ってくれ』と言わんばかりの態度が
伝わってきました。

皆さんは、このような思いをされたら次は行きますか?

お店のシェフのお料理が大好きで、何人にもご紹介させて頂きみんなから
『あのお店良いね』って言われると信じてるから紹介もします。

faceBookなどにも何度もアップしているお店なので、面識のない方 からも
『やっと来れました』ってメッセージを頂くほどのお店でした。

しかし、正直な意見も頂いてました。
『あの値段であのホールのサービスはないな』って。
しかし、しばらく伺ってなかったのでおかしいなって思ってました。

そんな時のあのサービスだったので、他の方もこのような応対を受けていたんだ。
と、改めて紹介したことに後悔しました。

シェフのお料理は好きですから伺うことはあっても
これから人に紹介する事はしばらくないですね。

今回の件で、誰にでも当てはまるサービスだと思ってます。

私の仕事に置き換えても、良かれと思っていることが相手の受け取り方によっては
大きく傷付けたり、不快な思いをさせているかもしれません。

信用を失くすのは一瞬です。

今回は、お店のシェフには全く関係ないことなので
張本人に直接お伝えさせて頂きました。

なぜならば、この方を否定しているのではなくわかっていなくこのような
サービスをしているのであれば改善の余地はあるかと思ったからです。

そして、これからもこのお店には頑張って欲しいからです。

人には、受け取り方や感じ方が違う。
もっと丁寧にお客様への対応をすべきだという事が今回の大きな学びですね。

もうすぐ春です。
こころが自然と綻ぶ季節だからこそ、気を引き締めてお客様と対話したいと思います。
image

カテゴリー: 大人の人間関係 パーマリンク