自分の存在価値を出せる場所


自分の存在価値を出せる場所春が待ち遠しい季節になってきましたね。
心理アートコンサルタント 北薗明美です。

凍り付くような事件がありましたね。
少しそのことについて、人間心理的な視点から考えていきたいと思います。

この事件、主犯格だと言われている少年Aは
“人を殺したいと普段から言っていた”

自分より弱い人間を支配する。
なぜ、そんなことを考えてしまうの。

自分の気分で相手を追い込む。
そして、自分に従わなければ牙をむく。

SOSを出していたのにも関わらず周りの人間も何も出来ない。
なぜならば、いつ自分に火の粉が降りかかるかわからないから
関わりたくない。

自分を守るという防衛本能。

群れの中に入るという人間心理。

犯行を起こした少年Aは、なぜ、何が人を殺したいと思うぐらい
感情が乱れてしまうのはなぜなのか。

やはり、愛情だと思う。
親が今回の検挙されたことに対してインタービューを受けているのを
聞く限りだととても自分の子供が大きなことを起こしたのでは
ないかと思う雰囲気ではない。
image

これだけの報道をされて、ましてや家にも来たことがある子が何者かに
殺されたとなるともう少し話が違ってくるはずが全く感じなかった。

愛情のかけ方は人それぞれ違うと思うが、人を殺したいと想いが湧きがって
来るということは相手に対しての愛情のかけ方がわからない。

今回のこの事件の裏には、いま世界でも目が離せない“イスラム国”の
やり方や映像の影響はあるかと思う。

ことたまリーディングでもいつもお話しますが
人は生まれてくることに意味がある。

周りの人や情報に振り回されずに、自分を知ることが
自分を受け入れ自分を好きになる。

自分を好きになれば、自分自身を大切にする。
だからこそ、人を大切にすることが出来る。

自分を大切に出来ない人がいきなり相手に思いやりを
持って接することなど出来ない。

今回の事件の少年たちも、権力や暴力と力で相手を支配する
ことをしたのであれば、本来の自分を知らないし自分に自信がないののでは
ないかと思う。

人を変えよう、束縛しようとすればするほど人は抵抗する。
そして、暴力に繋がる。

自分に牙をむかないように、そのことで想いがいっぱいな人が
主犯格の周りに群がれば必然的に思いやりも愛情も湧き出てくる余裕など
何もない。

人間は、身近な人間に非常に影響される。
だから、まずは親の影響を受け社会になじんでいく。
その中で、自分の存在価値を出せる場所を見つけ出す。

そして、愛情を持って相手と接することで自分だけのこと
以上に喜びも得ることが出来る。

今回の事件で、人間の命についてもっと考えて欲しいと強く願ってやまない。

どうか、お亡くなりになられた上村君。
ご冥福をお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月の満月ナイトは
満員御礼で受付終了しております。

次回は、4月4日土曜日です。
詳細は、いましばらくお待ちくださいね。

ご質問・ご予約は

◎お得な情報はメルマガ登録者から発信します。

カテゴリー: BLOG タグ: , , , , パーマリンク