旬の食べ物


旬の食べ物今日は、いつもと少し話題を変えてお届けします。
心理アートコンサルタント 北薗明美です。

あなたは、旬の食べ物を食べてますか?
今は、とっても便利になったお陰で一年中
食べたいものが食べれる時代。

では、旬って何が良いのか。
野菜の成育に最も適した時期に育てられ、最も成熟しているということです。
味はもちろん、栄養価も高いです。
その時期に合った野菜なので、(つまり環境に強い)
虫や病気になりにくいため、 農薬の使用も減ります。

例えば冬が旬の作物を夏に育てた場合。
冬なら低温下でじっくりゆっくり育ち、栄養を蓄えながら成長していきますが、
夏は暑いので、急に成長します。栄養を貯える前に、サッサと成長し、
収穫に適したサイズになってしまいます。

旬の野菜は、時期はずれの野菜の2倍の栄養を含む、というデータもあります。

旬の食べ物

旬の食べ物

また、旬の物は人間の体に必要なものがたくさん入っています。
春は山菜類。冬の間、ゆっくりしていた胃腸を目覚めさせてくれます。
夏は身体を冷やしてくれたり、食欲を増進させてくれるもの、
秋は寒さに備えるもの、
冬は身体を温めてくれる根菜類が旬です。

冬の旬

冬の旬

春の食材
ふき、うど、たらの芽、こごみ
キャベツ、アスパラガス、タケノコ、空豆、….
あさり、はまぐり、いかなご、真鯛、とびうお….
いちご、はっさく、いよかん、

日本は、四季がはっきりしているから旬の食べ物も豊富で味わえる。

私たちの身体は、食べたもので出来てるからね。
ちなみに、上記の写真のお料理はOisixという食材に拘ったデリバリーサービスを
始めて頼んでみました。

どの野菜も生きてる!って感じでこれからしばらくお願いしようと思ってます。
おススメですよ。
もし、ご興味ある方は→Oisix

ちなみに、お料理写真は私が作ってみました(笑)
名付けて、冬野菜のポトフです。
食材が良いので、美味しかったです。

私は、食べることがとっても好きなんです。
だからこそ、食べることにすごく重要性だと思っていて人の心を癒す効果もあると思ってます。

だから、昨年行っていた東銀座のアインソフでのマザーガイアのアートセラピー講座も、現在満月の夜に、“満月ナイト”も食べることを必ず持っている。

頭を使ったり、緊張を解きほぐすのは食すことはとっても有効的です。
昔から『同じ釜の飯を食う』という言葉があるように、同じ釜のもの、つまり同じ物を食べて
同じように味わい、同じような満たされた感覚になる。
言葉以上に分かり合えると言われている。

皆さんも、旬の物を意識してみませんか?

何かご意見やご不明なこと、もちろんご予約もこちらから↓

ブログでは、お伝えしきれないことやお得な情報はメルマガを発信しています。
宜しければ↓

もしよかったら、応援してください↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

カテゴリー: BLOG タグ: , , , パーマリンク